MENU

ホーム > Rassuchou(ラシュシュ)

スイス漆喰(カルクウォール)を使った『真っ白いお家』


正田工建で人気なのが、スイス漆喰(カルクウォール)を使った真っ白いお家です。

自転車で通りかかった女性が、二度見した上で「白っ!」と言い、去って行くぐらい白いです。

見学にいらした女性は
「これにします!」と一目惚れ。

ヨーロッパの街並みから飛び出してきたようなお家。
外観もカルクウォールにピッタリとマッチするようなデザインにしています。

カルクウォールは外壁だけでなく内装にも使え、特にリビングに使う方が多いです。

リビングに使うと、カフェ風やカントリー風、アンティーク風など、さまざまなテイストのデザインが楽しめます。

家具や小物が映える!ショップ巡りの楽しさ倍増!!

施主さんのご協力のもと、実際に暮らしているお家を見学させていただけるのですが、外観同様、カルクウォールのリビングに多くの女性はノックアウトされます。

私もカルクウォールの醸し出す雰囲気が大好きなので、お客様に同じように感じていただけると、とても嬉しいです。

カルクウォールの真っ白な壁には無垢の床がよく合います。お部屋全体がとてもやわらかい雰囲気になります。

家具や小物も映えますので、週末にインテリアショップを巡るのが楽しくなりますよ!

「でも、白い壁ってすぐに汚れそう・・・」

「白い壁って、すぐに汚れそう・・」

そうですよね。心配されるお気持ち、すごくよく分かります。

しかし、ヨーロッパの家は100年以上前に建てられたものもザラにありますが、今なお白いままです。

正田工建で3年前に建てたお家も真っ白いままです。

これはカルクウォールの持っている力のおかげなんです。
少し専門的なお話になりますが、カルクウォールは『強アルカリ性』です。

強アルカリ性の環境では、カビや細菌が繁殖しにくいため汚れにくく白さが保てるのです。

カビが繁殖しやすいリビング・ダイニングにカルクウォールを使うのは、機能的にもおすすめです。

100%天然素材のカルクウォールは、300年前からその製法を変えていません。

300年前に確立した最高の製法を守り、最高品質のものを安定的に製造してきたもっとも歴史と実績がある確かなものです。

みんなが自然と寄り添う間取り

仲のいいご家族の中心には、いつも奥様の笑顔があります。

正田工建にいらっしゃるお客様は、みなさん家族仲がとてもいい方ばかりです。
みなさんに共通していえることは、奥様がとても幸せそうに笑っていらっしゃる。

そのようなご家族に出逢うたび、リビングでワイワイおしゃべりしている様子が目に浮かびます。

子供たちは、あったかポトフの香りに鼻をピクピクさせながらリビングで宿題。
宿題が終わったら、次はママのお手伝い。

「怖がっていた包丁も、ずいぶん上手に使えるようになったね」

夕飯は「ママあのね、パパあのね」と、その日あったことを順番におしゃべり。
お風呂から上がったら、またリビングでくつろぎタイム。

みんなで過ごすのが当たり前、ご家族が自然と寄り添うお家をご提案しています。

たまには奥さまが自分の時間を感じられる空間も欲しい

でも、たまには奥さまが自分の時間を感じられる空間も欲しいですよね。

「建築費のことを考えると私はいいや」

このように遠慮してしまう方が多いのですが、どんなに仲のいいご家族であっても、たまにひとりになれる時間があると、気持ちが潤います。

ひとりの空間で大好きな趣味に没頭したり、ひとり静かに考え事をしたり。

手芸が好きなら、手芸コーナーをつくる。
そのときレース糸や小物がおしゃれにディスプレイされてたら、たとえ作業できなくても、目に入るだけでちょっとワクワクしませんか?

ガーデニングが好きなら、ガーデニングセットを出し入れしやすい棚をつくる。
料理が好き、読書が好き、カメラが好き、アロマが好き・・・。

お子さんたちはママの笑顔が大好きです。

建築費よりも重要なのは、ママが笑顔でいること。ママコーナーを持つことは大切です。

なにも一部屋丸々でなくてもいいんです。工夫次第でママコーナーはつくれます。

私もどんな内容にもお応えできるようアイディアを膨らましてお待ちしていますので、ぜひご相談ください。

好きに囲まれた空間

Rassuchou(ラシュシュ)は自由設計なので、お客様の好きなテイストでデザインできます。

ご家族の『好き』をたくさん教えてください。

イメージを膨らませながらお客様と私たちでアイディアを出し合うことは、本当に楽しいです。

私たちは、お客様のご要望を全て伺った上で、ご提案させていただきます。
 

「こんなにたくさん伝えたら、困らせちゃうかな?」
なんて遠慮しないでください。

お家は1回しか建てられません。後悔してほしくないので全て教えてくださいね。
 

ただどんなにデザインが気に入っても、いざ暮らし始めたら「暮らしづらい・不便」では困ります。愛着がわきません。

そこで私たちが、暮らしやすいお家のご提案をします。

お客様と私たちが一体となり、長く愛せるお気に入りのお家をつくりましょう。

施主さんOBのみなさんは、「友達をお家に呼びたくなる」とおっしゃいます。

お家がお気に入りの空間だから、どこかに出かけるのではなくお家に呼びたくなるそうです。

現場上がりの一級建築士

現場を知らない建築士は、自分の知らないことはやりたがりません。

たとえお客様のご要望でも、できるかどうか分からないことは「できない」と言ってしまうこともあります。

後から施工業者に「これはムリ」と言われ、プランの建て直しやお客様にお詫びをするのが大変だからです。

その点、私は現場を11年経験しています。

たとえば、お客様が雑誌の切り抜きを見ながら、

「この写真のイメージで、こんな感じにして欲しいんですけど、できますか?他の会社で無理だと言われたんです」
ということがよくあります。

 

アイデアでお客様の夢を叶えます

このような場合、建築基準法に触れていなければ、アイデア次第で大体のことはできます

さまざまな現場、たくさんの経験を積んだことで、アイデアのストックがたまりました。

「これとこれを組み合わせれば、お客様の夢を叶えられる!」とアイデアがひらめいた瞬間、嬉しくなります。


現場を知らずに設計しかしていなければ、これらのことは分からなかったと身に沁みて感じます。

アイデアストックはお客様の夢を叶える宝箱です。
 

建築費の節約

私は独立してから、住宅会社の下請けをしていた時期があります。

求められることは「安く、見栄え良く!」

元請けからは厳しいコスト削減を強いられました。だからといってお客様の夢の詰まったお家ですので、手抜き工事なんてできません。

お客様にご迷惑がかからないように、コスト削減の工夫をするしかない。

お施主様に喜んでもらうことが私たち工務店の本来の役目なのに、元請けにいかにして請けてもらうかを工夫することに矛盾を感じ、下請けからの撤退を決めました。

ただこの下請け時代は、今とても役に立っています。

当たり前ですが、お客様がお家にかけられる費用には限りがあります。

無理なローンは後々大変な思いをすることもあるので、組んでいただきたくありません。「あれもこれも」と全てを希望通りにはできないのが実際のところです。

だからといって「これを取り入れるために、これを諦める」というのも寂しいです。
お客様の悲しむ姿は見たくありません。

私なら『諦めるのではなく、代替案』を出せます
 

たとえば、外壁をカルクウォールにすると、通常の外壁(サイディング)よりも建築費は上がります。

カルクウォールは、見た瞬間に「これがいい!」と一目ぼれをする方がほとんどです。

洋服もそうですが、一目ぼれのものって、「やっぱり買っておけばよかった・・・」と後悔します。忘れられないのです。

ですので、カルクウォールを諦める前に、他の場所でコストカットできないか考えます。

しかもただコストカットするのではなく、当初のプランとできる限り見劣りしないような代替案をお出しするよう心がけています。

60385586.jpg 

女性目線のデザイン

正田工建は立ち上げ当初、私一人で設計をしていました。
そこに女性スタッフが加わったことで、デザインの幅が広がりました。

私はどちらかというと、スタイリッシュやシンプルモダンが得意ですが、そこに【かわいい】が加わりました。

といっても『かわい過ぎるデザイン』ではなく、小物が映える『スッキリとしたかわいさ』です。

お客様からはありがたいことに「センスがいい」とお褒めいただきます。

女性目線ならではのご提案、私も勉強になります

スッキリとしたなデザインだからこそ、家具や小物が映えます。

入り口にカーブを付けてアーチのようにしたり飾り棚を工夫しながら、スッキリかわいいをデザインしています。

また女性スタッフがお客様にご提案している際、
「化粧水はココにこれ位のスペースがあると、忙しい朝でも使いやすいですね」
とお客様と盛り上がっていたのを聞いて、「そうきたか!」とビックリしました。

女性同士、朝の忙しい時間に使うもの、すぐに取り出したいもの、逆にたまにしか使わないものと多くの共通点があり、それを具体的にご提案できるのです。

女性目線ならではのご提案。私も勉強になります。

片付け上手なお家


こんにちは!
こちらのコーナーでは整理収納アドバイザーの澤井と青野が代表の正田に代わりお話しさせていただきます!


仕事や子育てで毎日忙しい。

24時間があっという間に過ぎて、片付けまで手が回らない。

いざ気合いを入れてキレイにしようと思っても
とりあえず床にある物をドサッとテーブルに置き、床だけお掃除。
掃除が終わればまた荷物は床に・・・。

このようなご相談をよくいただきます。
奥様の気持ち、とても良く分かります。

私たちも、家に帰れば子育て真っただ中の主婦です。
仕事が忙しいと家事の手を抜いてしまうこともあります。

出したものは元の場所にしまえばいいって分かっていても、なかなかできないんですよね。


とくに真面目な奥様ほど、悩みがちです。

掃除しているのにキレイにならず、なんだかイライラしてお子さんやご主人に八つ当たり。

子供から「ママ大丈夫?疲れてるの?」なんて心配されて、落ち込んでしまうことも。

部屋をスッキリさせるにはどうしたらいいの?

でもこれって実は解決できるんです

 

食器棚の食器を置く位置って決まっていませんか?

私たちも夕食後に主人に片付けを手伝ってもらうとき、
「そのお皿は上から2段目の左端だよ」
なんてことがよくあります。
 

「ココでもいいんじゃないかな〜」
って心の声が聞こえても、
「場所が変わると使いづらいから」って思いますよね。

タンスもどれもこれもゴチャ混ぜ、ということはないと思います。

ご主人用、お子さん用とあり、この段は子供の肌着、靴下。
この段はパパの仕事用、こっちは休日用と決めていると思います。

置く場所を決めることで解決


お部屋が散らかっているのは、散らかっている物を置く場所が決まっていないから。

置き場がきちんと決まり、それに見合うスペースを確保できさえすれば、片付けられるんです。

加えて言うと、ご家族のクセや生活スタイルを考えた収納にすると、ベストです。

たとえば、コートをソファーに掛けたままにしてしまうご主人。
何度クローゼットに掛けてねと言っても、3日後にはまたソファーに。

ご主人は、おそらくクローゼットまで行くのが面倒なんです。
仕事から帰ってきて手洗い・うがいをしたら、ソファーにドカッと座りたいんです。

それだったらコート掛けを玄関からリビングの間に設ければ、ご主人はコートをきちんと掛けてくれると思うんです。
 

家事導線ってなに?

家事導線も大切です。

家事導線がいいと、ストレスが減りますし、効率良く家事ができるので時短にもなります。

例えば、サニタリーは脱衣スペース、洗面スペース、洗濯スペースを兼ねていることが多いです。

ここに収納を設けてタオルを置いておけば、お手洗い、キッチン、洗面所とタオルを回収して洗濯機に投入。

新しいタオルを収納からスッと出してそれぞれの場所に持っていく。実にスムーズです。

お風呂用の着替えも入れておけば、「ママ、忘れちゃったから取ってきて」なんてことがなくなるので、家事の手を止めて2階まで取りに行かずにすみます。
 

使う場所にしまう

普段使う場所にしまう、これも大切です。

いつもテレビの前で爪を切るのに、爪切りの保管場所がキッチンの引き出しだった場合、使い終わったらついテレビボードに置いてしまいます。

「後で片付ければいいか」と思うのですが、忘れてしまいます。それなら最初からテレビボードに収納すれば、出しっ放しが防げます。

これをしっかり見ていくことで、お家中スッキリします。

お子さんも片付けているママの姿を見ているので、出したものをしまう習慣が身に付くはずですよ!

IKEAの収納が使えます! 実はこれには裏話が・・(笑)

正田工建の他社にはない特長として、IKEAの収納を使えることが上げられます。

IKEAの収納はオシャレで機能的ですよね。
それを自由設計に組み込めます。

収納をご自身で用意するときは、設計に合わせて買いますよね。キャビネットを置く場所の寸法を計って、そこに置けるものを見つけます。

正田工建では、「ここにこの収納を使いたい」と言っていただければ、それに合わせて設計します。

ご自身で用意したものは床に置くのが一般的ですが、IKEAの収納に合わせて設計しますので、造り付けの収納のように壁と一体化させられます。

ですので、見た目がとてもすっきりし、空間も広く使えますよ!

私たちはIKEAの収納の寸法表を持っていますので、わざわざIKEAまで行き寸法を確認する必要はないですし、寸法を間違えて入らない、ということも防げます。

こちらのサービスはとても人気があります。

IKEAのインテリアがオシャレなのはもちろん、造り付けの収納よりもコストカットできるので喜ばれています。

実はここだけの話、この発想に辿り着くまでに結構苦労しまして。
弊社では住宅の性能、家事導線などを追求していますので、このスペックをそのまま実現しようと思うと、それなりのコストアップがどうしても避けられなくなります。
「う~ん、これでは多くの方に知ってもらえない」と思い、何とか良い方法は無いかと考えました。
考えに考えた結果、ポンっと生まれたアイデアが・・・・

IKEAの収納を利用することでした!

思い付いたら即行動!
早速ひとりでIKEAへ行ってグルグル店内を巡り、メジャー片手に採寸をしてきたのです!「申し訳ないっ」と思いつつ何も買わずに(笑)
完成したIKEAリストは苦労して作っただけあって大好評!(IKEAさんでたくさん買ってあげてください)
頑張って作った甲斐がありました^^
ご興味がお有りの方は何でも訊いてくださいね!

メンテナンスフリーなお家

カルクウォールは見た目が良いだけでなく、メンテナンス費用もかなり抑えられる優秀な素材です。

よく使われる外壁材のサイディングは、10年ごとにメンテナンスをしなければなりません。


その点カルクウォールは最低でも20年ごとのメンテナンスです。
立地や設計によっては30年持つこともあります。

1回のメンテナンス費用はサイディングもカルクウォールもほぼ同じです。メンテナンスの周期が長い分、カルクウォールはサイディングの半分以下のコストで済みます。

また、ガルバリウム鋼板も耐用年数が長く、カルクウォール同様に20〜30年ごとのメンテナンスなので、屋根材におすすめしています。

みなさんメンテナンス費用を忘れがちですが、メンテナンスを怠るとお家は傷みます

現役バリバリのときはいいのですが、定年後に何度もメンテナンスをするのは、経済的にも精神的にも負担が大きいです。

正田工建が選ばれる理由

収納×デザイン
資料請求はこちら
メールはこちら

資料請求はこちら
施工事例
見学会・イベント情報
“ ママらくだ ”とは?
家づくりの流れ
スタッフ紹介
正田工建社長ブログ

お知らせ

もうずぐ完成見学会

こんにちは~   正田工建のひらむらです。   さぁ…

遠足行ってきました!

こんにちは~   正田工建のひらむらです。   さ~…

OB様宅見学会

こんにちは~   正田工建のひらむらです!!   さ…

一級建築士事務所 正田工建

当サイトは正田工建のことをより詳しく知っていただくための特設サイトです。

本サイトの方もご覧ください。

http://www.shoken-r.co.jp/

 

営業時間
9:00〜18:00
定休日 日曜日

アクセス

大阪府堺市北区大豆塚町2丁26-1


© 2017 大阪府堺市の注文住宅、リフォーム、建て替えなら収納上手の「正田工建」 All rights reserved.