MENU

ホーム >  選ばれる理由2 > SW(スーパーウォール工法)

SW(スーパーウォール)工法

SW工法のお家は、高性能なSWパネルが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造のお家です。

高気密・高断熱で一年中温度差の少ないお家

高品質の断熱材を壁や天井に入れるので、魔法瓶のようなお家になります。

また、外気温に影響されにくいので、一年を通して快適温度をキープしやすく、光熱費も削減できます。

ここでは冬の寒さを例にお話ししていきます。

冬場って暖かいリビングから離れたくなくなりますよね。

掃除や洗濯も「今日はいっか」と思うこともありますし、夕飯はできるだけ短時間で作りたいと、カレーやお鍋のヘビーローテーションなんてことも。
 

寒いとお家の中でさえ活動範囲が狭まってしまいます。

せっかく新築しても、決まった部屋しか使わなかったらチョットもったいないですよね。

高気密・高断熱のお家はとにかく家中が暖かいので、リビングからトイレ、お風呂と移動しても、室温差にプルプル震えることはありません。寒さゆえの億劫もなくなり、活動的になれます。

お家全体の温度差を3℃以内に収めることを目指していますので、冬になると必ずニューズで流れるヒートショックも遠ざけられます。

部屋だけでみても、上方と下方の温度差が少ないです。

『顔は暖かいけど足先は冷える』という経験はありませんか?

指先が冷たいからと設定温度を上げると、今度は顔がほてってのぼせてしまう。仕方ないから膝掛けで調節する。といった感じです。

SW工法では上下の気温差も3℃を目標にしています。

『暖房を止めたら室温がどんどん下がっていく』ということもありません。

夜ベッドに入る前に暖房を止めても、翌朝もフワッと暖かいままです。
たとえば就寝前の室温が20℃だった場合、15℃前後を保てます。

再び暖房をつけても15℃から20℃に上げればいいので、電気代が節約できます。

断熱性・気密性の低いお家では6℃からスタートなんてこともザラにあります。
朝17℃あれば、お布団から出るのも、パジャマから着替えるのも楽ですよね。

高気密・高断熱住宅の隠れた人気

暖かいお家は健康の改善につながる

住まいの断熱性と健康について研究をされている、近畿大学の岩前教授の協力を得て、スーパーウォールのお家にお住まいの方を対象とした健康アンケートを行いました。

スーパーウォールのお家に暮らしてから、ご家族の健康状態がどのように変化したかを調査したところ、さまざまな項目で、以前の暮らしより健康状態が改善したという回答を数多くいただきました。

特に健康全般における改善率は80%を超える驚くべき結果に。

冬でも家中が暖かい、気密性・断熱性の高さが健康改善に効果的であることが実証されました。

実は、『室温が16℃以下になると心臓への負担が増す』と言われています。

高気密・高断熱にすると光熱費の節約だけでなく、健康にも大きなメリットがあるのです。

遮音性

高気密・高断熱住宅の隠れた人気、それは『遮音性』です。

高気密・高断熱のお家は遮音性が高く、外から聞こえてくる音がかなりシャットアウトできます。

看護師の方がおっしゃるには「高気密・高断熱のお家は昼でもグッスリ眠れる」そうです。

確かにどの施主さんのお宅に伺っても、通りを車が走っていても気になりません。お家に入ってしまえば静かなのです。

ですので、夜勤がある方、大通り・線路沿いに建てる方、近くに運動場がある方など、外部の音をシャットアウトしたい方にピッタリです。

お子さんの受験やご夫婦の資格試験など、勉強に集中するときにも静かな空間は嬉しいですよね!

音に対するストレスが減る

外の音が気にならないということは、室内の音も外に出づらいです。

「ご近所とは長い付き合いになるんだし、迷惑かけないようにしなきゃ・・・」

堺は住宅密集地が多いです。
室内でもお子さん達がはしゃいだら「静かに!」と言わざるをえないと聞きます。

せっかく一戸建てにしたのに、ちょっとかわいそうですよね。

しかし高気密・高断熱なら、多少はしゃいでもトコトコ走ってもご近所迷惑になるほどには響きません。

ピアノやギターの練習も気兼ねなくできますし、休日も大きなボリュームで迫力満点の映画鑑賞ができます。
ペットの鳴き声も気にせずにすみますよ。

『音に対するストレスが減る』
これはとても重要です。

一つ気を付けなければいけないこと

ただ、一つ気を付けなければいけないことがあります。

耳にしたことのある方も多いでしょうが、気密性・断熱性はC値・Q値と、数値で表します。

いくら設計上の数値が良くても、施工技術が低ければその数値は出せないのです。

たとえば同じレシピで調理しても、同じ味には仕上がりませんよね?
作り手の腕次第でレストランレベルにもなるし、「これなんですか?」というものもできます。

正田工建では、腕利きの職人さんに施工をお願いしています。

みなさん自分の仕事に誇りを持ち、お客様のために少しでもいいお家を建てようと考えている人ばかり。もちろん数値のクリアはできて当たり前です。

また一邸一邸、住宅性能を測定し、性能報告書をお付けしています。
品質に自信があるからこそできることです。

地震に強い

地震対策はみなさん気にされます。
やはり日本に住んでいる以上ひとごとではありませんし、大阪も南海地震の不安が常につきまといます。

それに加え、近年は巨大台風、竜巻、大雪・・・と、自然災害が本当に増えました。

地震だけでなく、強風や雪の重みにも耐えられる家づくりをしなければなりません。

SW工法は、壁・床・天井の6面を、建築基準法の木造最高となる「壁倍率5倍」(国土交通大臣認定取得)のSWパネルで覆います。
※壁倍率=耐力壁の強さ
 

SW工法の家は、自然災害の衝撃を面で吸収します。

段ボール箱を思い出してください。しっかりと組まれている時、横からグッと力を入れても簡単には潰れませんよね。

もし、この段ボールのフタが開いていたらどうでしょう?

フタが開いて側面と底面の5面になるだけで、少ない力で簡単に潰れてしまいます。

地震の揺れ、台風や竜巻の強風、雪の重みをお家全体で受け止める6面を覆うと頑強なお家ができることが、ご想像いただけるのではないでしょうか。


>>選ばれる理由2: 技術力で快適ページにもどる

正田工建が選ばれる理由

収納×デザイン
資料請求はこちら
メールはこちら

資料請求はこちら
施工事例
見学会・イベント情報
“ ママらくだ ”とは?
家づくりの流れ
スタッフ紹介
正田工建社長ブログ

お知らせ

タケノコゴハン

ヤッター!タケノコゴハンです!   堺市北区工務店 正田…

サボってました

堺市北区工務店正田工建の桜井です。 先日、会議中、グーーー…

お客様から・・・

堺市北区工務店正田工建のスタッフ桜井です   今日はずい…

一級建築士事務所 正田工建

当サイトは正田工建のことをより詳しく知っていただくための特設サイトです。

本サイトの方もご覧ください。

http://www.shoken-r.co.jp/

 

営業時間
9:00〜18:00
定休日 日曜日

アクセス

大阪府堺市北区大豆塚町2丁26-1


© 2017 大阪府堺市の注文住宅、リフォーム、建て替えなら収納上手の「正田工建」 All rights reserved.